<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'title' in <b>/home/kamig/foresight-web.jp/public_html/wp/wp-content/themes/foresight/single.php</b> on line <b>52</b><br />
h

VW Golf eTSI Style 試乗レポート

「Golf」史上、もっとも大きな進化を遂げた第8世代の「新型Golf」
 

2021年6月、8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「新型Golf」は、「デジタル化」、「電動化」、「ドライバーアシスタンスシステム」などにおいて大幅に進化しています。とりわけパワートレインは、フォルクスワーゲンとして初めて48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用し、発進時にエンジンをサポートする形でトルクを発生することでスムーズな加速を実現! そこで今回は、同システムを搭載した「Golf eTSI Style」をチョイスして、いつもの嵐山-高雄パークウェイをドライブしてきました。
【試乗車:VW Golf eTSI Style(ボディカラー:ムーンストーングレー) / 取材協力:Volkswagen 平安

 

01.誕生から40年以上が経った現在も40秒に1台売れているベストセラーカー
「Golf」は1974 年の登場以来、半世紀近くにわたって世界のコンパクトカーのベンチマークとして常にリードしてきました。ピープルズカーブランドとして創業したVWが、「Type1(ビートル)」で実現した“モビリティの民主化”を忠実に受け継ぎ、正常進化させてきた稀代のモデルであることから、自らを『Golf を超えるのはGolf』と称していることは、むしろ必然といえるかもしれません。それゆえ「Golf」は、各世代ともにベストセラーモデルとして人気を集め、先代の「Golf7」までの累計販売台数は3500万台以上!この数字を平均すると、40年以上にわたって、世界中のどこかで、誰かが40秒に1台「Golf」を購入していることになります。この結果を見ると、やはり「Golf」はVWの歴史、そのものといえるでしょう。
 

「Type1(ビートル)」の後継機種として1974年に登場した初代ゴルフ(Golf1)。当時としては近代的な水冷横置きエンジン+FF方式が採用されて注目を浴びた <出典:VGJ>

こちらは使い勝手の良い5ドアハッチバック。ボディカラーも明るいポップなカラーが数多くラインアップされていて、街中ではお洒落なタウンカーとして人気を博した <出典:VGJ>

02.エアバッグやESCをいち早く標準装備するなど安全面でも先駆者的存在
VW は、「Golf」で数々の先進装備を標準化してきた歴史があります。とりわけ安全装備については、手頃な価格帯の「Golf」に採用することで、多くの人々が高い安全性を手にすることに貢献。今では当たり前になっているエアバッグ、衝突安全ボディ、ESC(横滑り防止装置)などは、「Golf」が他社に先駆けて標準装備した安全装備です。
VW の交通事故研究者の分析では、ESC を搭載したことで、ドイツだけでも年間1,000人の命が救われているとのこと。現在、安全装備はさらなる進化を遂げ、革新的な運転支援システムが登場しています。その一例が、市街地走行の安全性を高めるシティエマージェンシーブレーキ、このほかミラーの死角に入ったクルマを検知してドライバーに知らせるブラインドスポットモニターも現在ではポピュラーな装備になっています。また、先代の「Golf7」から採用された「Traffic Assist」や「Front Assist(歩行者検知機能付)」など、新しいシステムをアップデートして「Golf」に初搭載することで安全性を高めてきました。
以下は、40 年以上にわたって搭載してきた安全装備の一覧ですが、良く見ると、いかに「Golf」が安全装備に力を入れてきたかがわかります(※Golf7まで)。
 

• 1974年 フロントエンジン・フロントドライブ(FF 方式)
• 1976年 自動巻き取り式シートベルトとヘッドレストをすべての「Golf」に装備
• 1986年 アンチロックブレーキシステム(ABS)
• 1992年 運転席および助手席エアバッグ
• 1996年 すべての「Golf」にABS を標準装備(Golf2 GTI でオプション設定あり)
• 1998年 エレクトロニックスタビリティコントロール(ESC)
• 1999年 ブレーキアシスト
• 1999年 ドイツ仕様の「Golf」全車にESC を標準装備
• 2003年 衝突最適化ペダルクラスター(COF)
• 2008年 アダプティブクルーズコントロール(ACC)、ニーエアバッグ
• 2012年 フロントアシスト(シティエマージェンシーブレーキ付)
• 2012年 ポストコリジョンブレーキシステム、プロアクティブオキュパントプロテクション
• 2014年 ブラインドスポットディテクションとリヤトラフィックアラート
• 2017年 トラフィックアシスト
• 2017年 フロントアシスト(歩行者検知機能)
 

先代の「Golf7」。空力性能を意識して全体的に丸みを帯びたフォルムを採用。ヘッドライトやラジエターグリルなども高さを抑えたデザインになっているが、一目で「Golf」とわかる一貫性のあるデザインだ <出典:VGJ>

リアから見ると、コンパクトハッチバックの基本形となっている台形デザインであることが良くわかる。「Golf」伝統の太く力強いCピラーもしっかり継承されている <出典:VGJ>

「新型Golf(Golf8)」。随所にエッジの効いたシャープなラインを配し、全体的に角ばった形に変化。ピラーの絞り込みを少なくして広いキャビンスペースを確保しているところは「Golf]の伝統だ <出典:VGJ>

リアは角ばったバンパー、シャープなリアコンビネーションランプ、バンパー下部のエキゾーストフィニッシャー風クロームなどの効果でロー&ワイドなフォルムとなっている <出典:VGJ>

RELATED ARTICLES関連記事