<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'title' in <b>/home/kamig/foresight-web.jp/public_html/wp/wp-content/themes/foresight/single.php</b> on line <b>52</b><br />
h

MY CAR LIFE Vol.31 「 Audi A8 55TFSI quattro テスト第4回」

あんなによそよそしかったのに・・・
 
A8との甘い生活も終盤戦。残り少ない日々をいつくしむように過ごしています。
まさか自分が世界最高峰のサルーンと生活を共にするなんてサラリーマンになったときから想像だにしていなかったのですが、そんな私がA8と過ごしてみると・・・
最初は正直、デカいし高級すぎて自分がオーナーというよりは後ろにVIPを乗せて走る運転手さん的な感じでしっくりきませんでした。それもそのはず、これほどのクルマにちょい乗りすることはあっても長期に渡って酸いも甘いも経験したことはなかったのですから。
あと、圧倒的にかっこいいので引け目を感じるというか、もっとカッコいいちょい悪オヤジ的なオシャレをしないといけない!とか様々な感情が頭をよぎりました。

 

竹内弘一さんとAudi A8

 

 
ひょっとしたら僕たち似てる??
 
世界一クールといってもいいセダンボディーに、ハイテク満載のインテリア、マッサージに最高のスピーカーなど応接間的なおもてなしと、身構えてしまうのも仕方ないようなA8なのですが、付き合ってみると案外、不器用で素朴で生真面目で、世間が抱いているイメージと少し違う面も見えてきます。
いまはブランドの服を着こなし、ボディーも鍛え上げて、きりっとした映画スターだけど、実は田舎育ちで好物は冷や汁みたいな。ワインよりも焼酎が好きです。みたいなところもA8にはあるんです!! これは大きな発見でした。

 

Audi A8 側面

 

 

信頼が醸成される
 
素のA8、最近私は親近感を込めて「エーハチくん」と呼んでいるのですが、実に飾らないいいやつで、高速道路を延々と走るときでもクワトロで安心感抜群。アダプティブクルーズコントロールで車線逸脱防止と前方のクルマとの距離を適切に保ってくれて本当に疲れ知らずです。スポーツクーペやSUVなどが並び「いまから1000キロ走ってください。どれでも選んでいいですよ!」といわれても私は迷わず「エーハチ、一緒に行こう!」となります。これは本当に長期間一緒に過ごさないとわからない魅力なんです。それを体験できただけでも貴重なことですし、それをお伝えした記事もこれまで無いのではないでしょうか?

 

Audi A8 背面

 

 
でもサヨナラは近づく
 
エーハチくんと別れるのはつらいし、もっと長期に乗ることによって、さらなる魅力を発見できるのではないかと思うので、もし経済的に許されれば「買い取ります!!」と言いたいぐらいです。皆様にもA8の魅力をもっともっと知ってもらいたいと思います。
残り少ない時間を噛みしめながらお気に入りの矢沢永吉さんの曲を聴きながらエーハチさんとの日々を過ごしていきます。
 

Audi A8 55TFSI quattro テスト第4回

 

 

 
 

竹内氏スマイル

KBS京都キャスター竹内 弘一 たけうち こういち

1977年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。2000年KBS京都にアナウンサーとして入社。入社2年目からは報道記者を兼務し、事件、政治、教育、大学担当などを歴任。25歳でニュース番組のメインキャスターを担当し「現場で取材し責任をもってニュースを伝える」スタイルを確立。現在はニュースの編集責任者=ニュースデスクも務める。国政、府政などの選挙特番の司会、構成も手掛け、京都の政治、経済の現場を幅広く取材中。クルマ、ゴルフ、料理好きの3人の子どものパパの両面を併せ持つ。

RELATED ARTICLES関連記事