[SHOWROOM] マツシマのスタッフが注目のクルマを探求 MAZDA CX-30

[SHOWROOM] マツシマのスタッフが注目のクルマを探求
「MAZDA CX-30」(京都マツダ宇治店 新井信次)

 

マツダの新世代商品の第2弾となるコンパクトクロスオーバーSUV「CX-30」。見る人の感性を刺激するデザイン、大きすぎず小さすぎないジャストサイズ、上質な室内空間、安心して運転を楽しめる安全性能。そんなMAZDA CX-30を、京都マツダ宇治店の新井信次が独自徹底解説します。

 

MAZDA CX-30

MAZDA CX-30

 
マツダの新世代商品として、まずMAZDA 3が出て、それを継承するようなデザインと内装の質感でCX-30が出ました。マツダは国産ですが、輸入車と比べても遜色ない仕上がりをしていますし、輸入車に乗っている方に実際足を運んで見に来ていただくことも増えています。
マツダの車に期待されていない方でも、まずは運転席に座っていただいて、内装を見るとグッときていただけると思います。
ダッシュボード上面がリッチブラウンまたはネイビーブルーのステッチ付きの合成皮革で覆われ、ドアトリムまで美しくカーブで繋がっています。手に触れる部分はすべてソフトパッドになっていて、見た目だけでなく感触にも上質なイメージを醸し出します。さらに、メッキラインも高級感を演出しています。スイッチやボタンは、見た目の良さだけでなく、操作感までこだわってデザインされています。
 

MAZDA CX-30質感にこだわった上質なインテリア

助手席側からダッシュボード上部に水平に抜けるようなデザインは、優しく包み込まれるような居心地の良い空間を生み出している

 
センターコンソールの装飾パネルは、美しい二重構造が特徴です。一見つややかなピアノブラックですが、光のあたり加減によっては中の模様が透けて見える構造で、こういった細かな部分の作り込みのこだわりも見ていただきたいです。
もうひとつ、運転席に座って感じるのがドライビングポジションです。背の高いSUVは座面も高く、やや直立に近い、起き上がった姿勢になりがちです。CX-30は、SUVであってもクルマとの一体感を感じるドライビングポジションで、スポーティさを感じます。
 

MAZDA CX-30左右対象のコックピット

人間中心の思想で左右対称にデザインされたコクピットは、ドライバーが自然と運転に集中できる

 
最近は流れるLEDウインカーが流行りですが、CX-30のウインカーは、今までにない点灯をします。 パッと光って、ジワッと消える、まるで心臓の鼓動のような光り方をします。外だけでなく、運転席のメーターパネル内の表示も鼓動するようになっています。「クルマは、単なる鉄の塊ではなく、命あるもの」というマツダのデザインコンセプトは、ウインカーひとつにもその思いを込められています。
 

MAZDA CX-30大胆にブラックアウトしたボディ下部

ボディ下部を幅広のクラッティング(樹脂製パーツ)で黒く見せることで、上半分のボディカラーはスリムで伸びやかなクーペのようなプロポーションに見せている

 

CX-30は標準で装備が充実していて、オプションであれもこれも付けてと悩む必要がなく、オプションで総額が跳ね上がることも少なく、シンプルに車を選べますし、私たちセールスも説明がしやすい車です。
安全装備関係で言えば、マツダが付けられるものはほとんど搭載しています。バックモニターのカメラも標準で付いています。追加で選ぶとしたら、「360°ビュー・モニター」と「ドライバーモニタリング」のセットくらいです。ドラバーモニタリングは、センターディスプレイの左右に組み込まれた赤外線カメラと赤外線LEDを使って運転中のドライバーの表情を読み取って、居眠りやわき見を検知する機能です。赤外線ですので、夜間でも認識できるようになっています。
さらに追加を検討するとすれば、BOSEサウンドシステムを付けるかでしょう。

 

CX-30には、電動でリアゲートの開閉ができる「パワーリフトゲート」を、最もベーシックな「20S」を除くすべてのグレードに標準装備しています。
コネクティッドサービスにも対応していて、緊急事態に車内のSOSボタンを操作することでオペレータとつながり、支援を求めることができます。これは、あおり運転被害にも利用できる機能です。
また、スマートフォンアプリと連携させることで、スマホから車をコントロールすることができます。たとえば、ハザードランプを点灯したまま車から離れると通知が来て、スマホからOFFにすることができます。広い駐車場でクルマの位置を地図画面で確認することもできます。ナビの目的地をスマホから車のナビに送信することもできます。

 

MAZDA CX-30 ドライバー・モニタリング

ドライバー・モニタリングは右上の赤外線カメラと左下の赤外線LEDで運転者の状態を監視する

MAZDA CX-30

後部座席の頭上空間を稼ぎながらもリアウィンドウを寝かせ、シルエットとしては後ろに流れるようなクーペ調を感じさせる

MAZDA CX-30とMAZDA 3

CX-30(左)とMAZDA 3(右)

 

CX-30は「大きすぎず、小さすぎない」まさにその言葉通り、絶妙なサイズ感を実現した車です。ボディサイズはマツダで最もコンパクトなSUVのCX-3とCX-5の中間で、全高が1540mmと機械式立体駐車場に入る高さに抑えられているところからも、日本では使い勝手がいい『ちょうどいい』サイズ感です。
後部座席やラゲッジを広くするには、ずんぐりしたデザインになりがちですが、CX-30は「魂動デザイン」のスタイリッシさと室内空間の確保という、相反する要素にマツダの開発者は取り組んでいます。
バックウィンドウを寝かせたクーペのような流麗なラインを維持しながら、後部座席上のルーフを高くし、さらに着座位置や床の高など様々な部位を切り詰め調整することで、身長180㎝の人が座っても窮屈にならない頭上空間を確保しています。後部座席にもエアコンの吹き出し口が装備されていますので、快適に乗っていただけます。
 
CX-30は、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、そして新世代ガソリンエンジンのSKYACTIV-Xの3タイプから選べます。
それぞれに、2WDと4Wの設定があり、ガソリンエンジンとSKYACTIV-Xエンジンには、6速マニュアルトランスミッションが用意されていますので、かなり幅広いニーズに応えられる車になっています。
 
CX-30の魅力や機能を、YouTube動画でより詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

 

新井伸次

京都マツダ宇治店 販売マネージャー新井 信次 (ARAI Shinji)

2009年マツシマホールディングス入社。販売担当として、京都マツダ西五条店から京都マツダ宇治店へ。2020年に販売マネジャー就任。初めてのお客様にはマツダというブランドを好きになっていただけるように、マツダオーナーの方にはもっと深く最新のマツダを知っていただけるよう、マツダの車づくりや開発者たちの熱意をお伝えしたいと心がけています。趣味は釣りとスポーツ観戦。

 

試乗予約
この機会にぜひ、MAZDA CX-30をご体感ください。

京都市

京都マツダ西五条試乗予約

宇治市

京都マツダ宇治試乗予約

 

京都 | マツダ

京都マツダ 宇治店

 0774-20-3020
〒611-0041 京都府宇治市槙島町十八44番地3
営) 10:00〜18:30、サービス受付:10:00~18:00
休) 第2・4火曜日

京都マツダ 宇治店 HP
Facebook @kyotomazdauji
Instagram @kyotomazda.uji

RELATED ARTICLES関連記事