<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'title' in <b>/home/kamig/foresight-web.jp/public_html/wp/wp-content/themes/foresight/single.php</b> on line <b>52</b><br />
h

MAZDA CX-8 試乗レポート

デザイン、質感、運転する楽しみを進化させた3列シートクロスオーバーSUV!
 

「CX-8」は、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルとして2017年12月に販売を開始。「走りやデザインを諦めたくない。でも家族や友人ともドライブを楽しみたい」と考えるユーザーに対し、多人数乗用車の新たな選択肢としてマツダが提案する3列シートクロスオーバーSUVです。この「CX-8」が2020年12月にマイナーチェンジを受け、エンジン、トランスミッション、快適装備、シートのタイプやカラーなどが改良されました。今回はディーゼルエンジン最上級グレードの「XD Exclusive Mode 2WD(6人乗り)」をチョイスして、いつもの嵐山高雄パークウェイをドライブしてきました。
【試乗車:MAZDA CX-8 XD Exclusive Mode SKYACTIV-D 2.2 2WD(6EC-AT) / 取材協力:京都マツダ 西五条店

 

01.「CX-8」は3つのキーバリューを掲げて登場!
マツダは、独自の技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ テクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したSUVの「CX-5」を2012年に導入して以来、「CX-3」、「CX-30」、「MX-30」とSUVのラインアップを拡充してきました。今回取り上げる「CX-8」は、国内では第8弾の新世代商品となる「多人数乗車」と「デザイン」や「走り」を、マツダの国内最上位SUVに相応しいレベルで両立することを目指して2017年12月にデビュー。家族や仲間と過ごすアクティブな時間から、大人が1人で過ごす上質な時間まで、あらゆるシーンにおいて際立つ価値を提供するクルマを目指して登場しました。
 

マツダの国内最上位SUVとして2017年に登場したCX-8(現行型)。エクステリアについては初代から大きな変化はない

 

そんな「CX-8」が掲げているのが、下記の3つのキーバリュー。SUVにも品格のあるデザイン、広いキャビンスペース、大きなシートキャパシティ、上質で快適な室内空間などを求めるユーザーに応えることを目標として開発されました。

【KEY VALUE 1】
日々の生活に心地よい刺激を提供する、普遍的な美しさと上質なデザイン
● 美しさと品格を突き詰めたエクステリアデザイン
● すべての乗員が上質な居心地のよさに包まれるインテリア空間
● 使い込むほどに愛着が深まる、本物の質感にこだわった素材とカラーコーディネーション

【KEY VALUE 2】
行動範囲を広げる、ロングツーリング・オールラウンダー
● どこまでも走っていけると思わせる楽しい走りと優れた航続距離
● どんな道でも思い切りよく走れる余裕の地上高と安心のAWD性能
● どこへ行くにも疲れにくい快適な乗り心地
● アクティブなライフスタイルに期待がふくらむトーイング性能

【KEY VALUE 3】
すべての乗員が安心・快適にカーライフの楽しさを共有できる室内空間
● 3列目まできちんと安心・快適な姿勢が取れる居住性
● シーンに応じて使い分けられる3列目/荷室空間
● 楽しい移動体験を支える充実の先進安全技術
 

「CX-8」は2017年12月のデビュー以来、毎年マイナーチェンジを施しながら、特別仕様車も投入。直近にあたる2020年12月のマイナーチェンジで、より完成度が高まっている <出典:マツダ>

現行型CX-8の室内空間。ボンネットを持つSUVでありながら広いキャビンスペースを確保し、ゴージャスな演出が随所に施されている <出典:マツダ>

 

RELATED ARTICLES関連記事