<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'title' in <b>/home/kamig/foresight-web.jp/public_html/wp/wp-content/themes/foresight/single.php</b> on line <b>52</b><br />
h

Audi Q3 Sportback 試乗レポート

デザイン、走り、機能を高次元で融合させたコンパクトクロスオーバーSUV!
 

アウディ・ジャパンは、プレミアムコンパクトSUVのQ3を8年ぶりにフルモデルチェンジし、2020年8月から販売開始。今回で2世代目となる新型Q3には、従来のモデルに加え、Audi初のコンパクトクロスオーバーSUV「Q3 Sportback」が新たに設定されました。パワートレインは、従来の 1.4TFSIを進化させた新開発の1.5TFSI と、新設定のクリーンディーゼル2.0TDIの2種類を用意。今回は、ラインアップ中もっともホットなモデルといえる「Q3 Sportback 35 TDI quattro S line」をピックアップし、いつもの嵐山高雄パークウェイをドライブしてきました。
【試乗車:Audi Q3 Sportback 35 TDI quattro S line / 取材協力:Audi 京都

 

01.新型Q3はQ3 Sportbackが加わって2シリーズ構成へと進化
アウディのSUVは「Qファミリー」と呼ばれており、現在は車格順にQ2、Q3、Q5、Q7、Q8と幅広いラインアップとなっています。2005年のQ7、2008年のQ5に続いて3番目のSUVとして2011年にリリースされた初代Q3は、全長4400mm×全幅1830mm×全高1595mmの比較的小さなボディに大人4人が楽に乗れるスペースを確保。オフ/オンを問わず軽快なドライビングが楽しめるコンパクトSUVとして、世界で140万台を販売した大ヒットモデルです。
この大成功をベースにフルモデルチェンジを果たした新型Q3は、プレミアムコンパクトSUVである標準モデルに加え、アウディ初のコンパクトクロスオーバーSUVとなるQ3 Sportbackが新設されて2シリーズ構成へと進化。ボディサイズは、標準モデルの新型Q3が全長4490mm×全幅1840mm×全高1610mm、新型Q3 Sportbackが全長4520mm×全幅1840mm×全高1565mm。どちらのモデルも標準的な立体駐車場には入らないものの、新型Q3の全長は初代Q3より100mm近く拡大され、ホイールベースは2680mmと75mm延長されているお陰で室内空間や積載容量に余裕が生まれ、SUVとしての使い勝手が大幅に向上しています。
 

左:新型Q3(標準モデル)、右:新設された新型Q3 Sportback。新型Q3 Sportbackはリアゲートの傾斜を緩やかにしたクーペスタイルとなっており、とてもスタイリッシュな印象を受ける <出典:Audi>

 

Audi Q3 Sportbackのボディサイズ

 

02.エクステリアは力強さとエレガントさを絶妙なバランス感覚で融合
最近、ヨーロッパではクーペスタイルのSUVが徐々に増えていますが、本来は力強さがウリのSUVにエレガントなクーペスタイルを取り入れるのは難易度の高い作業。ちょっとしたことでバランスが崩れてしまいがちですが、新型Q3 Sportbackは誰もが一目惚れしてしまうほど美しいクーペスタイルのコンパクトクロスオーバーSUVに仕上がっています。
フロントフェイスは、Qファミリーに共通する大型のエアインレットや大胆な意匠のオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルが採用されているほか、両サイドに設けられた大型のエアインテークによってSUVらしい力強さやスポーティなイメージを演出。ルーフは新型Q3より若干低く設定し、ルーフエンドからリアウィンドウにかけて滑らかに傾斜させることで、力強いフロントフェイスとエレガントなクーペスタイルを絶妙のバランス感覚で融合させています。また、前後のホイールアーチはシャープなキャラクターラインで構成されたブリスターフェンダーが採用されているほか、ショルダーラインを新型Q3の標準モデルよりわずかに低い位置に設定することで、セクシーで洗練されたクーペスタイルを実現。新型Q3 Sportbackのエクステリアには、随所に美しいクーペスタイルへのこだわりを感じることができます。
 

●フロントビュー:Qファミリー専用にデザインされたオクタゴンシングルフレームグリル、シャープなLEDヘッドライト、大型のエアインレットなどにより力強くスポーティな演出が施されている
●サイドビュー:ルーフラインがリアエンドへ向かって緩やかに傾斜しているうえ、新型Q3(標準モデル)と比べると全高が45mm低くなっていることもあって、とてもスリムで伸びやかな印象を受ける
●リアビュー:優雅なラインを描きながらショルダーラインに流れ込むDピラーは、長いルーフエッジスポイラーとともに新型Q3 Sportbackに躍動感を与えている。リアバンパーもフロントと同様に大胆で力強いデザインだ
 

シャープなキャラクターラインで構成されたブリスターフェンダーは、とてもセクシー!スタイリッシュで洗練されたクーペスタイルを、より際立たせるアクセントとなっている

 

RELATED ARTICLES関連記事