京、でかけよう。vol.74 〜約86万球のLEDが輝く、ロームイルミネーション2019〜

京都市最大規模のまばゆいイルミネーションに輝くメタセコイア並木 

SNSでハッシュタグ「#メタセコイア」を検索すると、各地のメタセコイア並木のステキな写真がたくさん出てきます。関西エリアであれば、滋賀県高島市にある「マキノ高原のメタセコイア並木」が有名です。夜のイルミネーションの写真で人気があるのは「ロームイルミネーション」です。
 
京都市右京区に本社を構える大手半導体メーカーのロームは、1995年から毎年冬に大規模なイルミネーションイベントを開催しています。今年も、ローム本社に面した佐井通り(通称春日通)沿いのメタセコイア並木道を中心とした86本の木々に、約86万球の電球を点灯。土日祝には大学生アカペラコンサートなど、様々なイベントを実施しています。
 

ロームイルミネーション

シンボルツリー「ヤマモモの木」

 
イルミネーションの玄関口、五条通りと佐井通りの交差点には、ロームイルミネーションのシンボルとして球状の「ヤマモモの木」があります。特徴的な丸みを帯びた2本の木が、白色LEDを基調とした洗練された光で彩られます。
ヤマモモの木から佐井通りを南に入ると、イルミネーションのメインとなる「光のプロムナード」が始まります。枝の一本一本までイルミネーションが張り巡らされたメタセコイア並木が、幻想的な雰囲気をつくり出します。黄色から赤茶色に紅葉したメタセコイアの葉が、黄色いLEDの光を受けて、並木道が黄金色のまばゆい輝きに満ち溢れます。
 

ロームイルミネーション

メタセコイアの並木が幻想的な雰囲気をつくり出す「光のプロムナード」

 
ロームイルミネーションでは、光の装飾だけでなく、光と音楽がコラボレーションした「光のカクテルガーデン」と呼ばれるイルミネーションが見られます。名倉公園横の芝生公園では、芝生にちりばめられたLEDバー(高さ約1m)と、大型LEDビジョン(高さ6m×横12m)によって、波紋のように広がる光や、空間を流れていくような奥行きで、躍動感のあるイルミネーションを演出します。さらに、期間中の土日祝 17:15~20:00には、毎年人気がある大学生によるアカペラコンサートが開催されます。
名倉公園には「lighting garden」と呼ばれる2つのドームが設置。土日祝日はドーム内を開放し、フォトスポットとして素敵な写真を撮影できます。
 

ロームイルミネーション大学生アカペラコンサート

土日祝には芝生広場のイルミネーションステージで、大学生アカペラサークルによる幻想的なステージが開催される

ロームイルミネーションLighting Garden

名倉公園のlighting gardenでは、「flower」と「music」の2つのドームに入って写真撮影ができる(土日祝日限定)

メタセコイア並木の佐井通りを車で通りながらイルミネーションを見るのもいいですが、車が少ない方が写真映えします。ローム本社北側の特設駐車場が無料開放されていますので、ぜひ歩いてイルミネーションを楽しんでください。週末などで特設駐車場がいっぱいの場合は、近くのイオンモールでの駐車場を買い物も含めて利用するといいでしょう。

 

京都 | イルミネーション |

ロームイルミネーション2019

京都府京都市右京区西院溝崎町21
期間)2019年11月22日(金)~ 2019年12月25日(水)
点灯時間)16:45 ~ 22:00
場所)ローム本社周辺(佐井通り沿いおよび中堂寺南通り沿い)、名倉公園

https://www.rohm.co.jp/illumination/

RELATED ARTICLES関連記事