<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'title' in <b>/home/kamig/foresight-web.jp/public_html/wp/wp-content/themes/foresight/single.php</b> on line <b>50</b><br />
h

京、でかけよう。vol.49 〜コンテンポラリーな空間で スマートに珈琲を嗜む。dot.S〜

コンテンポラリーな空間で スマートに珈琲を嗜む。

京都岡崎にある日本初のsmart専売拠点「smart center 京都, the garden」。メルセデスベンツ生まれのsmartを求める、「こだわり」をもつ人たちが訪れるこの場所に、妥協のないコーヒースタンド「.S(ドットエス)」があります。

 

話の要素を取り入れた店舗デザイン

話の要素を取り入れた店舗デザイン

 

もちろんカフェ横はsmartの展示スペース

もちろんカフェ横はsmartの展示スペース

 

白を基調としたアーバンデザインな開放感ある店内。街中にありながらここまで広々とした空間を確保しているのは、訪れる人にとっての心地よい距離感を大切に考えているからこそ。カウンター席や畳スペースもあり、思い思いのひと時を過ごすことができます。

 

大きな窓から外の光を取り込んだ明るい店内

大きな窓から外の光を取り込んだ明るい店内

 

大きな窓には緑あふれる庭の景色が広がります

大きな窓には緑あふれる庭の景色が広がります

靴を脱いでくつろげる畳スペースもあります

靴を脱いでくつろげる畳スペースもあります

バリスタの技術で最高の一杯を生み出す。

ブラジル産のコーヒー豆に香り高いエチオピア産の豆をブレンドした、オリジナルブレンドのコーヒー豆で訪れる人ももてなします。なかでも特におすすめというのが、アメリカ製のエスプレッソマシーン「スレイヤー」で淹れた香り高いエスプレッソを使ったカフェラテ。スレイヤーで淹れるエスプレッソは、香りがより際立ち、かどがとれたまろやかな味になるそう。そのエスプレッソとこだわりのミルクで作るカフェラテは、それぞれがもつ独特の甘みが十分に引き出され、砂糖を入れずとも口の中にほんわりと柔らかな甘さが広がります。
スレイヤーは全自動のマシンではなく、バリスタがマシンを操り淹れるもの。このマシンで美味しいコーヒーを淹れられるのは、バリスタの技術力が高いということなのです。

 

バリスタがひとつひとつ丁寧に淹れる

バリスタがひとつひとつ丁寧に淹れる

 

フードメニューにも妥協はありません。祇園に店を構える系列のイタリアンレストラン監修のベーグルサンドは、店内で仕込みを行う手間暇かけた一品。白味噌と白ワインを使い上品な味に仕上げた鶏の西京焼きとカキノキダケを使った風味豊かな和風味。

 

カフェラテ(S)450円、ベーグルサンド西京焼(鶏)600円

カフェラテ(S)450円、ベーグルサンド西京焼(鶏)600円

オシャレなオリジナルグッズはプレゼントにも◎

オシャレなオリジナルグッズはプレゼントにも◎

洗練された空間で、ちょっとブレイクしませんか?

 

岡崎南御所 | カフェ |

dot.S (ドットエス)

075-754-5566
京都市左京区岡崎南御所町20-1
営) 8時〜18時
休) 水曜

RELATED ARTICLES関連記事