<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'title' in <b>/home/kamig/foresight-web.jp/public_html/wp/wp-content/themes/foresight/single.php</b> on line <b>50</b><br />
h

京、でかけよう。vol.16 〜島ドライブで、サイクリストが集う本格カフェへ〜

島ドライブで、サイクリストが集う本格カフェへ。

シーサイドからマウンテンまで、変化に富んだ美しい風景が連なる淡路島は、ドライブへでかけるのにうってつけのエリアです。近年はサイクリングコースとしても高く評価され、9月に開催する淡路島一周・約150kmを自転車で走る「淡路島ロングライド150(通称:アワイチ)」には、毎年2000人以上のサイクリストが集います。
淡路島の南端、福良港のすぐそばにある「淡路島を一周する」という意味のイタリア語を冠した焙煎工房&レンタサイクルの店「Giro d’ Awaji(ジロデアワジ)」。 アメリカ暮らしの中で珈琲に心奪われた店主が、イタリアのバリスタに学んだという本格的な珈琲を味わえます。

 

Giro d' Awaji(ジロデアワジ)

店舗前にはサイクリストの強い味方・自動販売機「DNF回避君」もあります

世界各国の農園から生豆を輸入し自家焙煎をしてこだわりの味に仕上げるというとても丁寧な仕事で生まれる珈琲は、種類も多く、一緒に味わうフードメニューによってもおすすめが変わるそうです。

こだわりの料理で淡路島の魅力を伝える。
自身もサイクリストという店主が営むこの店は、エイドステーションとしてサイクリスト御用達のスポットにもなっています。島外から訪れる人も多い為、一つでも多く淡路島の魅力を感じて帰って欲しいという想いから、淡路牛や淡路島サクラマス、淡路米、淡路島たまねぎなど島の名産品を使ったフードメニューを用意してもてなします。この時期は、店の看板商品のホットサンドに淡路島の春の食材・淡路島サクラマスを使用したワンプレートメニューが登場。季節ごとに変わる、島の味わいを楽しめるのも魅力です。

選んだメニューにどんな珈琲が合うかは店主の原さんに相談して

店主の原さんに
春を彩る花見ホットサンド

「春を彩る花見ホットサンド」800円、1日15食限定

 

2017年3月にはロードサイクル部門を担う姉妹店「島くるAwaji」を徒歩2分の場所にオープン。
車窓からとはまたひと味違う、淡路島の風景を楽しんでみませんか?

 

南あわじ | 焙煎工房&レンタサイクル |

焙煎工房 Giro d’ Awaji
ジロデアワジ

0799-50-2411
兵庫県南あわじ市福良甲1529-3 野口ビル1階
営) 9時30分〜17時30分
休) 水曜(祝日の場合は営業)
※詳細はHPをご確認ください

http://giro-di-awaji.com

RELATED ARTICLES関連記事