<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'title' in <b>/home/kamig/foresight-web.jp/public_html/wp/wp-content/themes/foresight/single.php</b> on line <b>50</b><br />
h

THE 46th TOKYO MOTOR SHOW 2019 REPORT

未来の暮らしや未来の街を表現した新たなショースタイルに挑戦!

今回で46回目を迎える東京モーターショー2019が、10/24(木)~11/4(月)の12日間にわたって東京・臨海エリアで開催されました。これまでのショーは、東京ビッグサイトがある「有明エリア」で行われてきましたが、今回は新たに「青海エリア」まで会場を拡大。そのふたつのエリアをスーパーカーやキャンピングカーなどの展示や試乗体験コースを設けた約1.5kmの「OPEN ROAD」で結び、青海エリアには子供向け職業体験型施設「キッザニア」とコラボしたエリアを設けるなど、会場全体をモビリティテーマ―パーク化するような試みが施されていました。
今回のテーマは「OPEN FUTURE」。業界を超えて世界8ヵ国、総勢187の企業・団体が参加したオールインダストリーショーとして、「クルマやバイクのワクワク・ドキドキ」をはじめ、「未来の暮らし」、「未来の街」まで領域を広げ、未来のモビリティ社会を想像させてくれる展示が随所にありました。
その一方で海外メーカーの出展は減る傾向にあり、今回はマツシマが取り扱っている車種の中では唯一メルセデス・ベンツのみが出展。日本が誇るトヨタのブースも市販車の展示は一切されていないなど、これまでのように世界中のメーカーの市販車やコンセプトカーが一堂に会していること期待していた方には、若干物足りなさを感じてしまったかもしれません。これはクルマのEV化や自動運転化が進む中で、センサー、CMOSカメラ、通信、AI、IOTなど、クルマ造りに関わる業態が大きく変化していることに加え、自動車業界が少子化や若者のクルマ離れによって販売台数が先細りになることへの危機感を持っていることが影響しているのではないかと推測できます。
では、今回のモーターショーで筆者が注目したクルマやブースを紹介していきましょう。

 

■メルセデス・ベンツ

●メルセデス・ベンツのブースは、いつもながらゴージャスでエレガントな雰囲気です。

 

●VISION EQS。電気自動車の未来を見据えたショーカーとして、今後進む未来を指し示しているコンセプトカー。片側500個のLEDを制御してホログラムを表現したヘッドライトは、照明のための装備から人とクルマがコミュニケーションを取るひとつの装備へとさせています。実際に見るとライトが、まるで生き物のように鼓動しているのがわかります。

●VISION EQSのインテリア。高級ヨットのデッキからインスピレーションを得たというオシャレなデザインは、乗員を包み込むような先進的で最上級の安らぎを与えてくれます。操作系や計器類は従来のようなデザインではなく、フラットなダッシュボードやセンターコンソールにアイコンが浮かび上がる未来的なデザインです。

●AMG A45S 4マチック+エディション1。鮮やかなイエローのボディにリアスポイラーを装備したこのクルマは、モーターショーに合わせて発売されたAクラスAMGの最新モデルです。完全新設計の2.0リットル直列4気筒ターボエンジン「M139」を搭載し、量産2.0リットル4気筒エンジン世界最強となる最大出力421ps、最大トルク500Nmを発生する、まさに化け物です。

●AMG A45S 4マチック+エディション1のリアビュー。ルーフスポイラーや専用デザインの大型リアディフューザー、円形のデュアルエグゾーストエンドが特徴的。高出力化に対応するためシャシーを強化したほか、ストラットタワーバーなどで追加補強を施している。サスペンションも、すべてのコンポーネントを徹底的な見直しを行い、強烈な横Gに対応しています。

●E350 de AVANTGARDE Sports。日本初のディーゼル・プラグインハイブリッド車で、これもモーターショーに合わせて発売された最新モデルです。近距離(50kmまで)ならば電気モーターのみで走行可能で、長距離では最先端ディーゼルが高度なクリーン性能と燃費性能を発揮。高い静粛性とスムーズでパワフルな走りを両立できる待望のモデルです。

●E350 de AVANTGARDE Sportsのリアビュー。「五感が歓ぶ次世代の心地よさ」というキャッチの通り、エクステリアやインテリアは快適を極めながら、洗練された機能とエモーショナルなデザインを採用。もちろん、便利な機能が満載されたメルセデス・ミー・コネクトも搭載されており、今までにない便利なデジタル・カーライフを体験できます。