「平成美術:うたかたと瓦礫 1989-2019」京都市京セラ美術館で開催(1月23日〜4月11日)

京都市京セラ美術館の新館「東山キューブ」では、美術評論家の椹木野衣を企画・監修に迎え、展覧会「平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989-2019」を開催しています。会期は2021年1月23日〜4月11日。
 
バブル経済の崩壊と東日本大震災(福島原発事故)を念頭に、鴨長明『方丈記』と磯崎新『瓦礫(デブリ)の未来』から引用した「うたかた」と「瓦礫」をキーワードとして、平成の14のアーティストグループやプロジェクトの代表作が一堂に会します。
 

作家グループは活動時期に基づいて
1期「うたかたの時代(1989-2001)」 バブル経済の崩壊からアメリカ同時多発テロまで
2期「うたかたから瓦礫(デブリ)へ(2001-2011)」 アメリカ同時多発テロから東日本大震災まで
3期「瓦礫(デブリ)の時代(2011-2019)」 東日本大震災から令和改元まで
3つの時代に分けて紹介。
展覧会場は自由な順番で観覧できる構成で、平成の時空を縦横に行き来できます。
 
会場の入り口にでは松本弦人デザインの幅約15メートルにおよぶ年表「平成の壁」が来場者を迎え、村上隆率いるカイカイキキ主催の大規模プロジェクト「GEISAI」、梅津庸一が立ち上げた「パープルーム」などが手掛けた映像やインスタレーションも展示されています。
 
■ 「平成美術:うたかたと瓦礫 1989-2019」の開催概要 ■
会 期:2021年1月23日(土)〜2021年4月11日(日)
会 場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
 (京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124)
時 間:10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)
公式URL:https://artkyoto.jp/
観覧料:
 一般2,000円(1,800円)、大学・専門学校生1,500円(1,300円)
 高校生1,000円(800円)、小・中学生500円(300円)
 未就学児無料
  *( )内は20名以上の団体料金
  *京都市内に在住(通学)の小・中学生は無料
  *障害者手帳等をご提示の方は本人及び介護者1名無料
 ◎期間限定 拡大平成割(1月28日〜2月28日)
 平成生まれの方は200円割引。
 一般:2,000→1,800円、大学・専門学校生:1,500円→1,300円
 高校生:1,000円→800円、小・中学生500円 → 300円
 

平成美術:うたかたと瓦礫 1989-2019

平成美術:うたかたと瓦礫 1989-2019 平成の壁

 

京都市京セラ美術館では、美術館の魅力を未来に向けて継承・発展させ、多くの方が美術館を身近な存在としてより楽しむことができるよう、メンバーシップ・プログラムへの入会を通じた支援を募集。マツシマホールディングスも文化芸術振興のため、ブロンズメンバーとして参画しています。

 

京都市左京区 |美術館 |

京都市京セラ美術館

 075-771-4334
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124
営) 10:00~18:00 入場は閉館の30分前まで
休) 月曜(祝日の場合は開館)、年末年始
 
https://kyotocity-kyocera.museum/

RELATED ARTICLES関連記事